ミカノデザイン

世の中のデザインについて考えるブログ

コンサルティングとデザイン

f:id:shikakuihako:20160605122857j:plain

最近良く聞くマッキンゼー

 

マッキンゼーって最近良く聞く企業。

本屋さんに行くとビジネス書コーナーに必ず見つけるのよね。

 

初めて見た時はマッキントッシュ?みたいな雰囲気で謎な会社のイメージでした。

 

その正体はコンサルティング会社でした。

 

 コンサルティングって何

 

以下日本支社のサイトから

マッキンゼー日本支社は、日本企業および多国籍企業クライアントの最重要目標の達成に向け、本質的かつ継続的な成長を遂げるための支援を行っています。私たちは世界的に高い評価を受ける専門知識を有し、日本特有の状況や環境に適応させながら、現在、多くの業界トップ企業を含む国内上位30社の7割に相当する企業に、その知見を提供しています。また、グローバリゼーション、全社戦略および事業部門戦略、さらにマーケティング、営業、ソーシング、商品開発、サプライチェーンなど、あらゆる職種・機能のオペレーション改善を通じて、顧客企業の取り組みをサポートしています。

 

 

これを見ると企業の成長をサポートすることということがわかりました。

 

◯会社の先輩に元コンサルティング会社にいたひとがいて、コンサルティングは頭のものすごくいい人たちが知恵を振り絞って数字とにらめっこしながら膨大なデータをもとに経営を手助けしているそう。

 ◯一回目の感想は、自社で経営を行うだけじゃなく他社(コンサルティングなど)の力を借りる経営方法もあるのかと思いました。

 

アートディレクションという仕事

f:id:shikakuihako:20160605124935j:plain

 

 アートディレクターという職種は企業の成長を手伝うという意味ではコンサルティングに近いと思いました。

 

最近読んだくまモンのデザインをしたことで有名な水野学さんは企業の成長をデザインの力で経営を手伝っています。(デザインだけどアートなのが不思議)

そして次を見て下さい。

ゆるキャラグランプリ2011」でくまモンが優勝した11年11月から13年10月までの2年間で、くまモンを利用した商品の売上高と、くまモンによって増加した観光客数をそれぞれ推計したところ、熊本県への経済波及効果は、1244億円に上るとしている。(Business Journal、2014.01.20より)

そして大河ドラマ以上の経済効果を叩きだしたくまモン

くまモンのデザインは個人的には好きというわけではないけどこの経済的な効果はすごいと思います。

 

デザイナーに数字や知識は必要か 

f:id:shikakuihako:20160605144730j:plain

 

必要だと思います。

 

ただ、例外としてソニーウォークマンは市場調査をせずに個人的に欲しいと思ったものを製品化して、結果的に大ヒットしています。世の中にまだ無いものを市場調査しても見つかるはずがないのですから。

 

ですがなにもないところからウォークマンは産まれたわけではありません。

そのウォークマンを作れるだけの技術や販促の知識も当然必要になってきます。

 

売るためのデザイン

f:id:shikakuihako:20160605145115j:plain

 

ステキなデザインでも売れるか売れないかは別です。

売れたから良い、売れなければ悪という話でもありません。

 

ただ職業としてデザイナーとして活躍するのであればやはりヒットさせる義務はあると思います。そのときに知識はデザインの選択肢を増やし、人が好む傾向もなんとなく感じ取ることが出来るでしょう。

 

ないよりはあったほうがいい

 

これにつきます!

 

www.amazon.co.jp