ミカノデザイン

世の中のデザインについて考えるブログ

模写

ジョルジュ・バルビエの模写

ジョルジュ・バルビエの絵が好きなので模写を定期的にここの記事に上げようと思う。

ジョルジュ・バルビエGeorge Barbier1882年10月10日 - 1932年)は、フランスイラストレーター20世紀を代表するイラストレーターの一人である。古典を基礎に、当時、流行した日本趣味(ジャポニスム)、中国趣味(シノワズリ)の影響を受けた流麗なアール・デコ様式のイラストレーションで知られる。

その才能はグラフィック・アートのみに向けられたため、美術史においては長い間、軽視されてきた[1]

経歴[編集]

1882年10月10日ナントの裕福なブルジョワの家庭に生まれる。ナントは大陸貿易で栄えた古都で、木版画家のオーギュスト・ルペール、その弟子で銅版画ジャン=エミール・ラブルールを輩出している。

1908年パリに上京し、エコール・デ・ボザールに学ぶ。1909年パリで巡業したセルゲイ・ディアギレフ率いるバレエ・リュス(ロシア・バレエ団)公演を鑑賞、アンナ・パヴロワヴァーツラフ・ニジンスキーら新進気鋭の舞踏家や、芸術監督レオン・バクストアレクサンドル・ブノワによる舞台装置に影響を受ける。1911年パリで個展を開始した後、1913年作品集『ニジンスキー』、次いで翌1914年『タマル・カルサヴィナ』を発表する。

同時期、ギリシア趣味やロシア・バレエに加え、ファッションモードにも深い関心を寄せ、1912年創刊のファッション雑誌『ジュルナール・デ・ダーム・エ・デ・モード』、『ガゼット・デュ・ポン・トン』に定期的にイラストレーションを掲載することとなった。

1914年高級ファッション雑誌『モード・エ・マニエール・ドージュルデュイ』にイラストレーションを連載する。

1920年代エルテとともに舞台、映画の衣装や舞台装置のデザインに進出する。

1929年『イラストレーション』誌 L'Illustation magazineに連載。

1932年死去。50歳[2]

2014.12.11

「なんて小さな魚…」

f:id:shikakuihako:20141211232625j:plain

2014.12.14

「夜のバラ」

f:id:shikakuihako:20141214214653j:plain

2014.12.22

「私よ…」「ブルターニュの清い恋」

f:id:shikakuihako:20141222150649j:plain

 

ジョルジュ・バルビエ-優美と幻想のイラストレーター- (西洋アンティーク図版本シリーズ)

ジョルジュ・バルビエ-優美と幻想のイラストレーター- (西洋アンティーク図版本シリーズ)